FC2ブログ




ONE PIECE 第315話「その名は新世界!偉大なる航路の行方」 

第315話「その名は新世界!偉大なる航路の行方」

さてさて前回、ルフィの父親が有名な革命家ドラゴンであることが、
祖父のガープ中将から知らされました。
そのガープ中将ですが、ルフィを捕まえに来た訳ではなかったようです。

「お前はワシの孫なので、この島で捕まえるのはやめた!!と、軍にうまく言い訳しておくので、安心して滞在しろ!!」

ポカーン( ゚д゚)
いやいやいやいや、ダメでしょそれ!!ヾ(-д-;)

そこですかさず部下がフォロー。
「それじゃ言い訳にならないので、逃げられたことにしましょう」

部下もガープ中将のこんな言動に慣れっこなのでしょうね(^^;

ガープ中将は、コビー達をルフィに会わせる為に来ただけのようです。
そして可愛い孫のルフィに、
愛のパンチを入れて帰っていきました(笑)

そして久しぶりに再会した、ルフィとコビー、ヘルメッポは3人だけで語り合います。
コビー達がどうやってグランドラインへ入ったか等を聞き、
(↑この辺はナミに盗聴されてました)
コビーがどれだけルフィを慕って、感謝しているかもわかりました。

ルフィと出逢った時の事。そして、間違えてアルビダの船に乗ったのも、ルフィに出会う為の運命であったからと確信していました。

コビーはホント良い奴ですo(´^`)o

コビーは去り際に、『新世界』の名前をルフィに教えました。
そして新時代を担う者たちが集い、そこを制した者だけが海賊王になれるという新世界での再会を約束しました。

コビーは思い切って、自分は海軍大将になってルフィを追いかけると
言ってしまいます。
直後に、自分の発言がどれだけ大反れているかと考え、倒れてしまいますが、
ルフィはコビーのことを笑いもせず
「俺を追いかけるならそれぐらいにならないと」と言いました。

コビーは、ルフィが自分のこんな大それた夢でも信じてくれる事に
頭を下げ、涙を流すのでした。

帰りの船の中で、コビーとヘルメッポは語ります。
今の政府は、自分達が犯したことですら、ルフィに罪を着せていて、
とても正義とは言えないことを・・・

悩むコビーにヘルメッポが言います。
「お前が偉くなって変えればいいだろ」と…。

和久さんキタ━━ヽ(゚∀゚ )ノ━━!!!!

踊る大捜査線、今は亡き和久さんの名言
「正しいことをしたければ偉くなれ」を彷彿とさせます。
ヘルメッポも成長したようですね(^^*)

コビー達が帰った後、ルフィ達はプールでバーベキュー♪
そこにフランキー一家や、ガレーラの職人達、巨人族、ソドムとゴモラが集まってきました。

我らがパウリー様は、ナミさんの水着姿を見て、
「出たなハレンチ娘ー!」と叫んでます(^^;;
ナミさんの「ここプールよ、お兄さん」という返事も聞こえていないようです。

そこにアイスバーグさんが登場。
我らがパウリー様は、すかさずナミさんをタオルで隠し、
「この娘は変態です!!!」

ナミさんはもはや変態扱いですか・・・そうですか・・・
「あんたは見ちゃいけねぇ…!!」って…アイスバーグさんあなたより年上でしょうが(; ̄ー ̄A

そんなこんなで、皆でバーベキュー大会です。
ソドム、ゴモラ、巨人用のでかい肉もあります。
こんなものまで用意していたとは、、、料理人サンジはちゃんと食べれたのでしょうか(^^;;

それにしてもソドムもゴモラも生きていて良かったです。
エニエス・ロビーでのソドムとゴモラの活躍は、ホントに感動的で涙しました。
チョッパーとしか話は出来ないけど、彼らも立派な仲間なんですね。

大盛り上がりの中、ロビンの元に青キジの声が聞こえました。
壁越しに話す2人。
「やっと宿り木を見つけたのか」という青キジの問いに、
「ええ」と返すロビン。
それを聞いた青キジは「生きろ」という言葉を残して、
あのチャリンコで帰っていきました

いい年したおっちゃんが、蟹股でチャリンコをこぐ、あの寂しい後姿・・・

青キジの恐ろしさはやはりここだと思います
↑謎
スポンサーサイト



[ 2007/07/01 16:48 ] レビュー*アニメ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://princecafe.blog106.fc2.com/tb.php/25-75ddc253