FC2ブログ




ONE PIECE 第317話「ヤガラを探す少女!水の都大捜査線!」 

久しぶりの更新です(^^;;

実は、Windowsが立ち上げ後すぐにフリーズする不具合が生じていたため、
インタネーットどころか、パソコン自体が使い物にならなくなってました(=_=;)
こうなったのも、すべて自動更新機能のせい!!(゜Д゜)
もう自動更新は結構です。

そんなこんなで、ワンピースのレビューを再開。
随分前で軽く忘れてますけどw

第317話「ヤガラを探す少女!水の都大捜査線!」

この回からしばらくは、キャラそれぞれの話が続きます。
まずはルフィとチョッパーの話。

前回お金を勝手に使いきったルフィは、ナミさんからお小遣いを貰えませんでした。
そこで一緒に出かけたチョッパーは、ルフィの分のお菓子を買ってあげたようです(*^_^*)
ホントいいペット、いや仲間ですね~チョッパー☆

すると、町の人達に囲まれちゃいました。
そしてどうやら、昨日の宴会が楽しかったから
「今度はうちに来て宴会を!」「いや、うちに来い!」の争いが(^-^;

ルフィは人気者ですよね~

そこへ、アビという少女がやってきます。
なんでも、行方不明になったヤガラのアオビレを探してほしいとのこと。
アオビレは年寄りのヤガラで、アクアラグナの大波でいなくなってしまったそうです。

町の人達は、ヤガラが死を迎えるときに向かう場所「終の里」へ行ったんだとアビを諭します。
しかし夢の中で助けを求めるアオビレの声を聞いたアビは、アオビレが
生きていることを信じ、探し続けているようです。
そこで、ルフィとチョッパーは、アビと一緒にアオビレを探し出します。
町中探し回りますが、アオビレは見つからず…

そこへアオビレの声を聞いたというヤガラを見つけます。
(チョッパーの通訳あり)

アオビレの「今助けてやるから頑張れ」という声だったそうです。

捜索を再開すると、ルフィが布切れを拾います。
それはアビがプレゼントしたマフラーの一部。
手がかりを元に、ルフィ達は地下水路へ入って行きます。

しかし地下水路の中はところどころ水が少なくなっており、
乗っていたヤガラで進むことが出来なくなってしまいます。
「そこで待ってろよ~」と言って、ヤガラから降り歩き出す一同。


非常に嫌な予感がします


すると前方に光が射し込む場所が!!
アビが光に向かって走り出します。
が!突如足元が崩れて水の中へと落下。

これはまさか・・・


予想を裏切らないのがワンピース。
後を追ったルフィとチョッパーも、見事、水の中へと落ちました!!

かなづちのルフィとチョッパーがアビを助けられるハズもなく、
溺れる3人は沈んでいきます(;゚(エ)゚)

このままでは溺死確実。ってな時に、ヤガラの姿が…

意識が戻ったアビが見たものは、まさしく夢で見た場所であり、
光の中にいたのはアオビレでした。

「一緒に帰ろう」と言うアビだが、アオビレは首を振ります。
そして何かを言っていました。
そこですかさずチョッパーの通訳が入ります。

「これでもう安心だ、今までありがとう」

アオビレはアビに別れを告げていたのでした。
そして光の中へ消えていきました。。

またまた光に向けて走り出すアビでしたが、
今度はルフィ腕を伸ばして制止しました。
さっきもそうすりゃ良かったのにというのは置いといて、
悲しみくれるアビだが、奥から泣き声が聞こえてくるのに気がつきます。
泣いていたのはヤガラの赤ちゃんで、かなり衰弱していたが、
マフラーを巻いていたおかげで助かったようです。

どうやらアオビレの「今助けてやるから頑張れ」という声は
この子を助ける時のものだったよう。。
アオビレは命と引き換えに、この赤ちゃんを守ったのでした。


感涙です


捜索を終え、アビはルフィに貯金箱を渡します。
そういや最初ルフィに捜索を依頼した際に、全財産をあげるから!
とか言ってたな(^^;;

アビの言葉に、一度は貯金箱を受け取るルフィでしたが、
赤ちゃんヤガラを抱くアビの腕に返します。

やっぱルフィはそうでなくっちゃね(^^*)

それにしても、チョッパーは一家に一人ほしいね☆
スポンサーサイト



[ 2007/08/01 18:18 ] レビュー*アニメ | TB(0) | CM(0)

ONE PIECE 第316話「シャンクス動く!暴走する時代への楔」 

第316話「シャンクス動く!暴走する時代への楔」


さて前回に引き続き、宴で盛り上がるルフィ達とウォーターセブンの人達。
サンジは料理で大忙しです(^^;
ウソップはそげキングのテーマ曲を歌いまくりです。
みんなが楽しんで夜を過ごしました。

さて海軍では、白ひげと赤髪が接触するという情報を得て、警戒態勢が敷かれます。
そ、そんなに大ごとなのか(; ̄ー ̄A

どうもシャンクスが大海賊に見えなくて(;´Д`A ```

そんな中、赤髪のシャンクスの船が白ひげ海賊団の船に近づいてきました。
大海賊白ひげの船に、シャンクスは1人で乗り込んできます。

この命知らずめ!((;゚Д゚)ガクガクブルブル
↑やはりシャンクスは大海賊に見えない


しかし!その考えを改める衝撃的瞬間が!!

いきなりバタバタと倒れていく白ひげの船の船員達・・・

どうやら
シャンクスの覇気に耐えられず倒れた模様です

どどどどんだけーーー!?
やはりシャンクスは大物だったのか!!(´Д`)

でも流石に白ひげ海賊団なので、一般兵以外は平然としています。。

遂に対面した、白ひげとシャンクス。
白ひげは、話があると言うシャンクスと2人きりになります。

この二人は昔から顔を合わせていたようです。
ってかビックリしたのは、
シャンクスとバギーが、ロジャーの船の船員だった
という事実Σ(・ω・ノ)ノ!
だから、その頃から大海賊だった白ひげと対面したことがあるのでした。

ロジャーが処刑された時も、シャンクスもバギーもローグタウンに居たようですが、バギーとはそこで別れてしまったようです。

さてさて、肝心の話はというと、シャンクスは自分の顔に傷をつけたのは、
他でもない、元白ひげの部下である黒ひげティーチだと告げます。
この傷をつけられた時、自分は油断などしていなかったことも・・・

今や4強(?)の地位にいるシャンクスが言うのですから、
さぞかしその黒ひげさんは強いのでしょう(; ̄ー ̄A

そしてシャンクスの頼みは、黒ひげを追っているエースを止めてほしいというものでした。
ちらっと回想で映ったエースにとりあえず萌えてみた(*´д`*)ハァハァ
エース兄ちゃんは強いけど、今はまだ黒ひげにぶつけるべきじゃないと言うシャンクス。
しかし白ひげは、仲間殺しをした黒ひげを追わないわけにはいかないようです。

剣を抜くシャンクス。
おぉー強そうだ!!

どうでもいいけど、管を沢山つけた老人白ひげは大丈夫なのでしょうか( ゚д゚)
本格的に戦う前にコロリといかないことを祈るばかりです(酷)



さてさて、船を造るフランキーのもとに、アイスバーグさんが
手伝いにやってきます。
市長なのに暇なのでしょうか?(違

そして、
我らがパウリー様も登場!

'`ァ'`ァ'`ァ(;´Д`)'`ァ'`ァ'`ァ もう息も脈も一気にあがりましたよ

パウリー様たちも手伝ってくだっさるそうです。
羨ましいぞ!フランキー!!

一方、新しい船の完成に向けて家具を買おうと思ったナミさんが
金庫をあけると・・・・
そこにはあるはずの1億ベリーの姿はなく、札束1束だけが・・・

なんと、あの大宴会の費用で、ルフィが使い込んだとのこと(;;∴~Д~∴;;)

・・・・ナミさんブチギレ。
いや、ナミさんじゃなくてもキレると思うけどね。。。
ルフィの顔は無残な程にボコボコになりました。

怒りまくるナミさんに、ロビンからナイスアドバイスが。

「掘り出し物を探しましょう」


流石ロビン。大人だね★
[ 2007/07/09 21:17 ] レビュー*アニメ | TB(0) | CM(0)

ONE PIECE 第315話「その名は新世界!偉大なる航路の行方」 

第315話「その名は新世界!偉大なる航路の行方」

さてさて前回、ルフィの父親が有名な革命家ドラゴンであることが、
祖父のガープ中将から知らされました。
そのガープ中将ですが、ルフィを捕まえに来た訳ではなかったようです。

「お前はワシの孫なので、この島で捕まえるのはやめた!!と、軍にうまく言い訳しておくので、安心して滞在しろ!!」

ポカーン( ゚д゚)
いやいやいやいや、ダメでしょそれ!!ヾ(-д-;)

そこですかさず部下がフォロー。
「それじゃ言い訳にならないので、逃げられたことにしましょう」

部下もガープ中将のこんな言動に慣れっこなのでしょうね(^^;

ガープ中将は、コビー達をルフィに会わせる為に来ただけのようです。
そして可愛い孫のルフィに、
愛のパンチを入れて帰っていきました(笑)

そして久しぶりに再会した、ルフィとコビー、ヘルメッポは3人だけで語り合います。
コビー達がどうやってグランドラインへ入ったか等を聞き、
(↑この辺はナミに盗聴されてました)
コビーがどれだけルフィを慕って、感謝しているかもわかりました。

ルフィと出逢った時の事。そして、間違えてアルビダの船に乗ったのも、ルフィに出会う為の運命であったからと確信していました。

コビーはホント良い奴ですo(´^`)o

コビーは去り際に、『新世界』の名前をルフィに教えました。
そして新時代を担う者たちが集い、そこを制した者だけが海賊王になれるという新世界での再会を約束しました。

コビーは思い切って、自分は海軍大将になってルフィを追いかけると
言ってしまいます。
直後に、自分の発言がどれだけ大反れているかと考え、倒れてしまいますが、
ルフィはコビーのことを笑いもせず
「俺を追いかけるならそれぐらいにならないと」と言いました。

コビーは、ルフィが自分のこんな大それた夢でも信じてくれる事に
頭を下げ、涙を流すのでした。

帰りの船の中で、コビーとヘルメッポは語ります。
今の政府は、自分達が犯したことですら、ルフィに罪を着せていて、
とても正義とは言えないことを・・・

悩むコビーにヘルメッポが言います。
「お前が偉くなって変えればいいだろ」と…。

和久さんキタ━━ヽ(゚∀゚ )ノ━━!!!!

踊る大捜査線、今は亡き和久さんの名言
「正しいことをしたければ偉くなれ」を彷彿とさせます。
ヘルメッポも成長したようですね(^^*)

コビー達が帰った後、ルフィ達はプールでバーベキュー♪
そこにフランキー一家や、ガレーラの職人達、巨人族、ソドムとゴモラが集まってきました。

我らがパウリー様は、ナミさんの水着姿を見て、
「出たなハレンチ娘ー!」と叫んでます(^^;;
ナミさんの「ここプールよ、お兄さん」という返事も聞こえていないようです。

そこにアイスバーグさんが登場。
我らがパウリー様は、すかさずナミさんをタオルで隠し、
「この娘は変態です!!!」

ナミさんはもはや変態扱いですか・・・そうですか・・・
「あんたは見ちゃいけねぇ…!!」って…アイスバーグさんあなたより年上でしょうが(; ̄ー ̄A

そんなこんなで、皆でバーベキュー大会です。
ソドム、ゴモラ、巨人用のでかい肉もあります。
こんなものまで用意していたとは、、、料理人サンジはちゃんと食べれたのでしょうか(^^;;

それにしてもソドムもゴモラも生きていて良かったです。
エニエス・ロビーでのソドムとゴモラの活躍は、ホントに感動的で涙しました。
チョッパーとしか話は出来ないけど、彼らも立派な仲間なんですね。

大盛り上がりの中、ロビンの元に青キジの声が聞こえました。
壁越しに話す2人。
「やっと宿り木を見つけたのか」という青キジの問いに、
「ええ」と返すロビン。
それを聞いた青キジは「生きろ」という言葉を残して、
あのチャリンコで帰っていきました

いい年したおっちゃんが、蟹股でチャリンコをこぐ、あの寂しい後姿・・・

青キジの恐ろしさはやはりここだと思います
↑謎
[ 2007/07/01 16:48 ] レビュー*アニメ | TB(0) | CM(0)

NARUTO-ナルト-疾風伝 第238話「突入!ボタンフックエントリー」 

NARUTO最近お休み多いですねぇ~
ってか、先週書くの忘れてました(;´Д`A ```
き、記憶が・・・_| ̄|○


第238話「突入!ボタンフックエントリー」


前回、ガイ班とカカシ班が暁のアジト前で合流したところで終了しました。
早速ネジが白眼で内部を覗いてみます。
内部に暁メンバーや我愛羅がいるのが見えました。
しかし入口には結界があり、容易に入ることが出来ない模様。

五封結界と言って、周囲に仕掛けられた5枚の札を同時に剥がさなければ
解除できない結界のようです。
1枚は入口にありますが、残りの4枚はどこにあるかわかりません。

そこで再度ネジが白眼発動!
何百メートル離れたところに仕掛けられた札4枚の場所を即座に探し当てました!

白眼様様ですね★

いやぁネジが居て良かった~!

さて4枚の札ですが、距離や場所もバラバラなので4人が剥がしにいかなければなりません。
スピードならガイ班の方が早いとのことで、ガイ・リー・ネジ・テンテンの4人が周囲の札を剥がしに行くことになりました。
入口の1枚はカカシ先生です。

この結界、5枚を同時に剥がさなければならないので、
タイミングを合わせる為の連絡方法が必要です。

そこでガイ先生がバッグから取り出したのが・・・・

トランシーバー

Σ ゚ロ゚≡(   ノ)ノ
そ、そんな文明進化の賜物があったのか!


NARUTOの世界を甘く見ていました。。。
しかもヘッドセットなのでハンドフリーで便利です

私が仕事で使っているトランシーバーよりも
良い物のような気がしてならない


というのは置いておいて。

それぞれシーバーをセットし終わり、チェックも完了。
さぁいざ出発・・・その前に・・・

ガイ先生がおもむろに手を伸ばします。
どうやら、「ファイトー!」「オー!」のアレをやりたいようです(苦笑)

「う゛~」と唸りながら、ガイ班メンバーに強要しています

気づいたリーは、張りきって手を重ねます。
更に唸るガイ先生。。
テンテンも嫌々ながらも手を重ねます。

しかしクールボーイネジは冷ややかな目で見ています。

絶対やりたくないのでしょう

でもやはり先生は偉大でした。

「う゛~~んう゛~~~~~~ん!!」

ネジが手を重ねるまで日が暮れても唸ってそうな勢いです。

さすがのネジも観念して手を重ねました。
念願の掛け声が出来たガイ班は、瞬時に散って行きました。
それを見ていたナルトくんがいいなぁ!!と言い出しますが、
サクラちゃんもカカシ先生も絶対にやりたくないでしょう(^^;;

ナルトくんはガイ班の方がある意味伸びるかもしれません

そんなことをしているうちに、アジト内部では本体のデイダラ&サソリと
我愛羅以外は消えてしまいました(・・;)
ちなみに、人柱力が来ていることを知ったサソリは、イタチにナルトくんの特徴を聞き出していました。

「最初に大声で叫んでくるヤツがそうだ」

デイダラもサソリも「??」となってますが、そのままイタチも消えてしまいました。


外では5人が配置につき、遂に結界を解除。
その瞬間、サクラちゃんが怪力で岩を破壊。内部に突入しました。

デイダラ&サソリと対峙したカカシ班+チヨ。

そしてイタチの言った通り、一番最初に叫んだナルト。
デイダラとサソリも人柱力はナルトだと気づいたようです。

ナルトくん、大人になりましょう(o¬ω¬o)
[ 2007/07/01 15:09 ] レビュー*アニメ | TB(0) | CM(1)

ONE PIECE 第314話「最強の家系?明かされたルフィの父!」 

今週忙しすぎて、気がつけば1週間(;;∴~Д~∴;;)
やっとこさ更新です。

ONE PIECE 第314話「最強の家系?明かされたルフィの父!」

さてさて先週ラストで、海軍中将ガープさんはルフィのおじい様であることが判明しました。
今週はその続き。
ガープ中将は、世界政府の英雄と呼ばれるスゴイ軍人だそうです。
なんでも、ゴールド・ロジャーを何度も追い詰めたことがあるらしい!!(゚ロ゚屮)屮

それにしても、ガープ中将はその昔、ルフィを立派な海兵に育て上げようと様々な訓練をしたようで、谷底に突き落としたり、ジャングルに放り投げたり、
風船を沢山つけて飛ばしたりしたそうです。

┃電柱┃□ ̄;)!!ナント!!

前の2つは聞いた事があるようなネタですが、最後の1つは明らかにおかしいような??(; ̄ー ̄A

1年前ぐらいにニュースで話題になった、
韓国の女性が仔犬に風船をつけて空へ飛ばしたアレみたいじゃないですか(・.・;)

ひどい話です。

まぁ、ルフィの強さの根源の一部は、幼年期のこのスパルタ教育によるものだと言うことがわかりました(笑)

ガープ中将の話は続きます。

ルフィの憧れる海賊「赤髪のシャンクス」ですが、
いつの間にか四大勢力と呼ばれる程までに、ものすごい出世をしておりました!(笑)
そんなに強そうな海賊には見えないのに(´Д`) (←失礼)

と、そんな話のなか、
方向音痴腹巻大王ゾロが子供に道案内されて戻ってきましたw
確か先週、「金よこせおっさん」的な感じでオヤジ狩りに遭いかけていましたが、見事撃退していた模様です( ´,_ゝ`)

そんなゾロとルフィの前に、ガープ中将の部下が牙を剥きました。
結果は・・・
もちろんルフィ・ゾロの圧勝ですが、何か見覚えがあるような・・・?

ななななんんとそこには、
もう薬か悪魔の実を使ったと言わんばかりの驚愕の成長をとげた
ルフィの友コビーがっ∑ζ`;)
昔の彼の面影はどこへやら…。
成長期という言葉では済ませれないよコレ( ゚д゚)

そんなコビーと再会を喜び合いましたとさ。

その後、自分で破壊した壁の修復作業していたガープ中将の口から
とんでもない事実があかされちゃいました。

「お前、父親に会ったらしいじゃないか」

Σ(・ω・ノ)ノ!えぇ!?いつ!?

ガープ中将の息子、すなわちルフィの父の名は
「モンキー・D・ドラゴン」

超有名な革命家らしい

革命家って( ゚д゚)
しかもルフィはローグタウンで会ったみたいです。
名乗り出なかったのでわかりませんでしたが・・・

回想が出ましたが・・・あぁ!こんな人いた!!
まさかルフィの父親がすでにデビュー済みだったとは!

もう皆ビックリしすぎて、軽く青ざめてます。

この衝撃の事実は、海軍達も勿論ルフィ達も知らなかった事実であり、
また革命家ドラゴンは、居場所や素性も全く情報がない超S級人物でもあるので、とてもさらっとして良い発言ではなかった空気です(苦笑)

ルフィは革命家ドラゴンの名前を知りませんでしたが、
その場にいた他の全員は、ドラゴンの名に驚愕しっぱなしですし。

そんな重大発言をポロリとしてしまった英雄ガープ中将の取った手とは!?




「今のなし♡」

そ、そんなんですかwwヘレv~─(lll´Д`)─ヘ√|______ !!!!!
[ 2007/06/23 02:11 ] レビュー*アニメ | TB(0) | CM(0)

ONE PIECE 第313話「破られた安息!愛の拳を持つ海軍中将」 

日曜日仕事だったので、ワンピース見れずにいたんですが、
本日やっと録画しておいたのを見ました。

∃ヨヨョョ。+゜(ノД`)゜+。ョョヨヨ∃
今回も感動泣き!


第313話「破られた安息!愛の拳を持つ海軍中将」

ウォーターセブンに戻ってきた一同。
街はアクア・ラグナの被害で建物がやられてしまっていたようです。

復興が大変だ~的なところに

我等がパウリー様がやってきました!

街の女性らにきゃーきゃー言われているパウリーですが、
黙れ(ウルサイ?)おめーら!と怒鳴ってます(笑)
そんな姿も素敵(*´д`*)ハァハァ

むしろ怒鳴られたいわ(///∇//)

どうやら、ガレーラカンパニーの皆様が
街の復興に一役買って出たようです。
バシバシ指示するパウリーに萌え(*´д`*)ハァハァ

一方、巨人族のお二人は、もうしばらくウォーターセブンで
復興を手伝ってから帰るようです。
ウソップを狙撃の王と呼んでくださる
何とも熱い人たちです。
でもまぁ、狙撃の王の『そげキング』なんだけどねぇ。

そしてフランキー一味はアジトを再建してます。

ルフィ達はというと、何日か眠っていたようですが、皆目を覚ましたようです。

そこへココロ達がやってきました。
物凄い勢いで食事を食べ続けるルフィ。


なんと、寝ながら食事をしていました

サンジ曰く、倒れている間にご馳走を食べれないのが勿体ないから
身につけた技だそう!Σ( ̄ロ ̄lll)

さすがルフィ(笑)

メリー号から降ろして預けていた荷物も無事に戻ってきました。
ナミさんの木も無事だったようです。

そこに今度はフランキーがやってきます。
彼は「最強の木アダム」をルフィ達から横取りしたお金で
手に入れたとのこと。
そして・・・
その最強の木で最高の船を造るから、
「その船に乗ってってくれねぇか!?」と麦わら海賊団に提案するのでした。

大喜びの一同でしたが、
突然部屋の壁をぶち破って、
犬のかぶりものをかぶった、明らかに危険なおじいさん
が入ってきました。
この怪しいおじいさんは、海軍中将のガープさんだそうです。
ってかこのおじいさんも怪しいけど、
乗ってきた海軍船も十二分に怪しい!!

このじいさん、一瞬で寝ているルフィのもとへ移動し、
ルフィを殴りました。
「いってぇぇ!!」と言って目を覚ますルフィ。
サンジが「痛ぇってお前ゴムだろー!?」とツッコミを入れますが、
どうやら

愛の拳で殴ったそうです


なるほどー!そりゃ痛いはずだよね☆
そしてビックリ、このおじいさんルフィの祖父だそうです☆

ェエェエェ∑(´□‘ノ)ノエェエェエ


一緒に見てた母が一言。

「ルフィって孤児じゃなかったの?」

きょとん・・(*・o・)

あなた一話から全部見てますよね?

お母さんはともかくお兄ちゃんを忘れないでください…
(エース、微妙に名前(モンキー)違うけど…)
[ 2007/06/12 21:01 ] レビュー*アニメ | TB(0) | CM(0)

NARUTO-ナルト-疾風伝 第237話「我愛羅死す!」 

(私的に)今一番熱いアニメといったら「NARUTO」

アニメ版第1部が終了した後、長らくオリジナルストーリーを展開していたNARUTOですが、
作画ボロボロ、動きが変、ストーリーも変で
正直見る気失せてました・・・( ̄。 ̄ )

しかし!いざ第2部である疾風伝に突入すと、
作画は綺麗、動きが滑らか、原作に近い
素晴らしいアニメとなりましたねぇ~ヽ(゚∀゚)
作画が比較的安定しているので、安心して見れるしね、うん。

そして何より、あのED後の
超暴走次回予告が面白すぎwww
ナレーション、鬼鮫率高いのは気のせいかしらん?


第237話「我愛羅死す!」

カカシ班、ガイ班ともにイタチと鬼鮫の偽者を撃破。
暁のアジトを目指します。
んで、この後の戦いに備えて両班しばしの休憩タイム。
ここでもガイ先生の無茶振りが炸裂!

4倍は無理ですよ、ガイ先生!o(≧▽≦)o
3倍も無理ですよ、リーくん!゚・(ノ∀<)・゚゚・

テンテンとネジは呆れてますが、このノリ好きだな~(笑)
パックンのツッコミも最高です。

NARUTOって比較的シリアスなストーリーだけど、
ガイ先生とリーがいることによって、
別の意味でストーリーが盛り上がりますよねぇw
この2人の存在は貴重かと。
ここにナルトが加われば最強3トップです。

『ナルティメットアクセル』でも、ガイ先生だけ
必殺技がかなりアレだもんなぁ(笑)
ガイ先生の必殺技のアニメーションだけは、
全種類(全相手)試しましたもん。
その結果、わかったことがあります。


彼は最強のお笑い担当です。


そういえばこの前うちの母が、ペナルティのワッキーと
ガイ先生がそっくりだ!と言っておりましたが、
確かにワッキー

リアル版ガイ先生のようだ

今までワッキーは好きじゃなかったけど、(ヒデ派だから)
この瞬間から好きになりました。

ワッキー萌えになるのも時間の問題か!?
↑ガイ先生にはすでに萌えております。

さて本編では、チヨバアにもナルトが九尾の人柱力であることをが知らされました。
そして、我愛羅に守鶴を封じたのはチヨバアだということがわかりました。
ナルトが何故、我愛羅を必死で助けようとするのかも・・・。

ナルトにとって我愛羅は、
同じ人柱力としての痛みがわかる仲間なのでした。


一方、暁による幻龍九封尽が完了してしまいました。
守鶴が抜かれた我愛羅は、ひどい有り様に・・・(;ω;)
ボロボロです、ボロボロ。

そしてついにガイ班とカカシ班が合流。
メインキャラがこんだけ集まると萌え、いや燃えますな!!
次回いよいよ突入です。

暁芸術担当のお二人
デイダラとサソリの行く末はいかに!?



あ、次週は野球でお休みで~す
[ 2007/06/09 00:25 ] レビュー*アニメ | TB(0) | CM(0)

ONE PIECE 第312話「ありがとうメリー!雪に煙る別れの海」 

日曜の朝の顔(?)と言ったらワンピース!
毎週張り切って早起き…出来てないですが(;゚(エ)゚)
何故か毎週家族全員で録画したのを見てます(笑)

今日も昼まで寝てたら

「ワンピース見るよー!!」という母の大声で起こされました。


第312話「ありがとうメリー!雪に煙る別れの海」

船内を確認するナミさん。
でも、やっぱり誰も乗ってないわ~と。
メリーはどうやって来たのでしょう。

そしてゾロ曰く、
何をもってウソップと判断してるのか不明なルフィとチョッパー。

そこへアイスのおじさまが大きな船でやってきました。
その瞬間!!

メリー号が真ん中から折れた!?

シェー 「( ̄□ ̄;)」

メリーはもうとっくに限界を超えていたようです。

一度は海に捨てられたメリー。
無残な姿になっても尚、もう一度走りたいという思いで船を直していたようです。。
その思いがアイスバーグさんに伝わり、
もう一度だけ走れるほどに修復(゜ーÅ) ホロリ
すでにこの時点で涙がとまりません。

もう修復不可能の域なので、メリーを海に沈めることに。
ルフィが火を放ちます。
「ウソップがいなくて良かった」


いるってば∑ζ`;)


ついに炎が船全体を包んでしまいました。
するとその時声が・・・
「皆ごめんね」と。
メリーの声でした。

メリーの声はそこにいる全員に聞こえました。
皆大泣き。

うちの家族も大泣き。


メリーはホントに良い船だ( ノД`)
ルフィは「ごめんねは俺たちだ」と。
ゾロやサンジがいつも壊して、
その度にウソップの下手な修理しか出来なくてって。。

ナミさんは泣き崩れちゃいました。
チョッパーとウソップからは尋常じゃない量の涙が出ています。

燃えているメリー。
そういえばナミさんの木は移動したんでしょうか。


来週はウォーターセブンに戻るのかしらん。
そういえばパウリー達は?

この後フランキーは仲間になるようだけど、
あたしはどちらかと言えばパウリーの方が・・・

ウソップももう一度一味に入るのよね。
そういやフランキーってお金返したんだっけ??

予告でパウリー出てきてたので、
来週は無視されなくて済みそうです。
[ 2007/06/03 23:10 ] レビュー*アニメ | TB(0) | CM(1)